フリークin’75 近藤正寛写真展 9月9日まで

元富士ニュースの新聞記者で、南部町出身のフリーカメラマンの近藤正寛氏の写真展が8月29日から9月9日にかけて開催されています。

フリークin’75近藤正寛写真展

1975年、新しい生き方を模索する同氏が京都からトカラ列島までヒッピーのコミューンを訪ねた旅で撮影された作品。

スマホやインターネットがない時代に、アナログに情報発信し、仲間を集め、独自のコミュニティ構築を図ったヒッピー文化を象徴する若者を追ったドキュメント的写真展。近藤氏が彼らの全国キャラバンを追いかけるきっかけになった、当時のコミュニティ新聞も必見です。

若者たちの生き方を模索する、エネルギーが凝縮していた1970年代から80年代の群像。そして、30年後のヒッピーの姿、彼らが共同体(コミューン)で作りあげた船のその後の跡など、単に当時の記録ではなく、一つの「ドキュメンタリー」として、ストーリーを追っている点が大きな特徴です。

日程

2018年8月29日水曜日〜9月9日日曜日

各日11時〜17時30分(9/3は休館日)

会場

RYU GALLERY(リュウ・ギャラリー)


ギャラリーを構えている山仲久美子オーナー自身も作家。

玄関には山仲さんの作品がお洒落に並ぶ、かわいい空間になっているほか、カフェも併設されていて、ゆったりと時間を過ごすことができるのも魅力です。

関連記事

  1. 創作舞妓in富士宮 開催の模様【動画あり】

  2. 創作舞妓4

    富士宮のまちで創作舞妓9月16日

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。