望月軍四郎

富士郡大宮町(富士宮市)出身の実業家。富士宮北高等学校の前身となる大宮商業学校・大宮工業学校を設立した。

1879年(明治12年)8月15日 – 1940年(昭和15年)2月1日)は、日本の実業家、慶應義塾特選塾員[2][3]、民間支那学研究者。九曜社、横浜倉庫各社長[4][5]。京浜電気鉄道、錦華紡績、湘南電気鉄道各取締役会長[5]。族籍は東京府平民[6]。

  • 静岡県富士郡大宮町にて誕生。大宮町長を務めた望月謹八は実兄。
  • 1893年(明治26年)上京。村上太三郎の入丸商店に入り株式取引を学ぶ。
  • 1910年(明治43年)12月、独立し望月商店を開設。(1914年(大正3年)8月に廃業)
  • 1919年(大正8年)12月、望月商事株式会社を設立。
  • 1926年(大正15年)、慶應義塾大学に寄付を行い「望月支那研究基金」設置。及川恒忠が研究を主導。
  • 1927年(昭和2年)6月、株式会社九曜社を設立
  • 1937年(昭和12年)11月17日、静岡県富士郡大宮町に財団法人大宮育英財団を設立、大宮工業学校と大宮商業学校(現・静岡県立富士宮北高等学校)を開校した。
  • 1940年(昭和15年)2月1日、死去。遺志により嗣子・太郎が慶應義塾大学の学術研究機関に多額の寄付を行い、これを記念して「故・望月軍四朗君記念地方青少年修学奨励資金」が設けられる。